世界に誇る民族衣装、和服・着物・浴衣

民族衣装

traditional

和服は、古くから受け継がれている日本の民族衣装の事です。
和服と着物は、同異義語として一般的に用いられています。
しかし、厳密に言えば着物は、衣服全般を示す言葉なのです。
一般的に着物と呼ばれる衣服は、和服の中でも「長着(ながぎ)」と呼ばれる種類に分類されます。

和服という言葉は、西洋の衣服と区別する為に使われるようになったのが始まりです。
これは、明治時代の文明開化に伴い洋服を着用する日本人が増えた事が由来します。

長着

和服は、長着を体に巻き付け着用するのが基本形です。
長着とは、上半身から下半身を覆う袖の付いた長い布の事です。
長着は、腰の位置に帯を結んで固定し着用されます。

長着の丈は、男物、女物共に足首が隠れる程長いのが特徴です。
現在の長着の形は、室町時代の小袖を元にしていると考えられています。

半着とは、長着に比べ丈の短い着物の総称です。
半着は、古くは庶民の普段着として愛用されていました。
作務衣、袴に組合せ着用するなど様々な活用法がある為です。

文様

pattern

和服には、様々な文様が使用されています。
古来より受け継がれる古典文様は、元は中国やシルクロードを通して伝来したものが主流となります。
代表的な古典文様は、亀甲、格子、縞、石畳、菱、七宝、鶴、鳳凰、孔雀、宝相華などです。
これらの文様は、長きに渡り使用される間に日本独自の文様として発展したのです。

特に、縁起の良いとされる文様は、総して「吉祥文様」と呼ばれます。
吉祥文様は、現在でも慶事の際に布や衣服の文様として広く用いられます。
また、日本のみでなく中国文化を色濃く受け継ぐアジア各国でも愛用されているのです。

吉祥文様のモチーフは、松竹梅、鶴、亀、鳳凰、蝶、牡丹、御所車、宝尽くしなどが代表的です。

ニュース

2013/10/15
種類を更新しました。
2013/10/15
湯帷子を更新しました。
2014/04/01
晴れ着を更新しました。